REPORT REPORT

菅原小春

菅原小春単独公演開催! 超満員の観客が大歓声を送ったダンスアート

REPORT

7月30日、赤坂BLITZにて日本が世界に誇るダンサー・菅原小春が、約1年ぶりに単独公演「KOHARU SUGAWARA presents SUGAR WATER」を開催した。10代の頃からダンサーとして活躍する菅原小春が、10代のダンサーを応援するダンスメディア「DanceFact」のオープンスペシャルイベントに登場。超満員の観客が菅原小春の作り上げたアートなダンスパフォーマンスに酔いしれた。

RIHANNA、少女時代、SMAP、安室奈美恵のバックダンサーを務め、国内外からその実力を認められている菅原小春。今宵もダンスの域を超えた独特の世界観を持つ表現と、会場全体の空間を支配するオーラとパフォーマンスで観客の視線と感動をさらっていく。

劇中では同じく世界で活躍するダンスチーム・s**t kingzのNOPPOが登場し、男女の恋模様を時に甘く、時に激しくダンスで表現。この2人といえば、イヤフォンのCMで共演した中で、ダンスファンにはたまらない顔ぶれだ。その期待をはるかに超える世界観を見せつけ、観客の大歓声を集めた!

そして、コラボレーションはこれだけでは終わらない。人気バラエティ番組「今夜くらべてみました」で姉妹共演したことが話題を呼んだ、姉のタテジマヨーコが登場。シンガーソングライターとして出演しているタテジマヨーコは、ギターとボーカルで観客の耳をステージに引き付ける。そこに菅原小春の感情というダンスが加わり、まるで曲とダンスで会話をしているようなパフォーマンスを見せた。

オープニングからラストまで、圧倒的な存在感を放ち、観客の脳裏に菅原小春の表現や世界観を焼き付ける。まるで夏の打ち上げ花火のような魂のこもったダンスは、公演が終了しても、鳴り止まない観客の大歓声と拍手を生み出す。その光景をステージ上で一身に受けた菅原小春の顔は「自分のすべてをこの舞台のために出した」という達成感にあふれ、誰よりも輝きを放っていた。

取材・文●のざたつ 撮影●ハタサトシ

DanceFact ホームページ
https://dancefact.jp/