REPORT REPORT

JUDGEを努めた5人

10代限定バトル「THE ONE」のJUDGEを担当した5人が大会を総括 

REPORT

3月25日に東京で開催されたDanceFact presents「THE ONE」。10代限定による1on1のバトルはオープニングからラストまで、熱気に満ち溢れたハイテンションな大会となった。この日JUDGEを担当した5人に大会を振り返って頂きました。

BREAK JUDGE/WING ZERO

■印象的なダンサー

Bboy sho

惜しくもShigekixに敗れてしまいましたが、勢いとスキルが高くてとても良かったです。ムーブのクオリティと完成度が上がればどんどん上手くなれると思います。頑張ってください!

■全体の総評

ブレイクに関してはエントリー人数は少なかったですが、とてもレベルが高く、全てが決勝戦でした。次回はもっと多くの人に狙いに来て欲しいイベントだなあ、と思いました! また、普段見れない他のジャンルの同世代達の有志も観れてお互いが高め合える良い空間だと思いました。今回逃してしまったTeenagerは是非次回参戦して欲しいと思います!

WAACK JUDGE/ Mizuki flamingo

■印象に残ったダンサー

惜しくも予選通過はなりませんでしたが、うらら、まゆ、Momokaは僅差でした!

■総評

普段からWAACKバトルで活躍している子で埋め尽くされていて、トーナメントはとにかくレベルが高過ぎて、誰が優勝してもおかしくなかったです!逆にレベル差もとてもあったので、若い子には特に、WAACKが腕をどれだけ複雑に早く振るかを競う競技ではないという事を学んで貰えたら、必然的に自分のダンスの可能性に繋がると思いました。運動ではなくカルチャーとしての学びを得て、自分のWAACKを探していって欲しいです!

POPPIN' JUDGE/RYUZY

■印象的なダンサー

HIPHOPのTaiga。WAACKの赤のパンツの子、Ryuji

■全体の総評

まず予選は、テンションや勢いがあってバランスの良いメンバーをピックアップしました。後、自分らしさが伝わるような部分と気持ちや強い部分で音楽に乗れてたり、お!って思える表現があるとジャッジしてて印象に残ると思います。予選では良くてもトーナメントになり対戦すると全く変わって来るので最後にトータルで良くて優勝した、らんきちは強かったですね。この世代はライバルだらけですが今後皆んなで成長して行き世界に出れる用に楽しんで頑張って欲しいです。

LOCK JUDGE/すずきゆうすけ

■印象的なダンサー

ひより ATSUSHI コハル らんきち TAKUMI WAACKのYUU

■総評

全体的に日本全国の猛者が集まっていたので、LOCKの予選も激戦区でした。全体的に崩して踊る子が多く、かかる音楽に対してのアプローチなので、いいとは思うのですが、その中でもLOCKINGがきちんと出来るかどうかが、分け目になったんではないでしょうか。SHO→RIは基本の質も高く、横綱相撲を取ってるようでした。重複エントリーして出てくれるダンサーも多く、尚且つジャンルの良さを理解してる子が多いので、素晴らしい事だと思います。今後が楽しみな大会がまた一つ増えたと思います。

HIPHOP JUDGE/ TAKUYA

■印象に残ったダンサー

イックンです‼ ベスト7には残ってないけどとてもセンスを感じました。あとはWAACKが面白すぎました!

■総評

どのジャンルもとてもレベルが高くて とても楽しめました! hiphopは、今回の選曲で90'sのおおいなか その背景・曲に対してのニュアンス・歴史などを少しでも知っているか知らないかと言うところで ベスト7の分かれ道になったかなと思います‼ トーナメントからはとても良いバトルばかり。会場全体いい空気でいい音楽でいいバトラー、ずっと盛り上がってて最高でした!ありがとうございました〜。

【DanceFact presents THE ONE結果】

<BREAKIN’>
1st:YU-KI
2nd:Shigekix

<WAACK>
1st:Ryuji
2nd:YUU

<POPPIN’>
1st:らんきち
2nd:Ringo Winbee

<LOCKIN’>
1st:SHO→RI
2nd:HA-KUN

<HIPHOP>
1st:TRACEY
2nd:Taiga